コーヒー

皆さんこんにちは!!

寒い季節に欠かせないのがあったかい、ホットコーヒーです。

コーヒーはアイスよりもホットの方が好きなので、どうしても夏はあまりコーヒーを飲まなくなってしまいますが、寒くなってくるとなぜか暖かいコーヒーが飲みたくなります。

そんな僕ですが、実は今年の春に一大決心!

コーヒーを飲むのを辞めようと決めた事が有りました。

それは、ただなんとなーく...

「そう言えば、コーヒーって刺激物って言うし、体にあまりよくないと...これって、カフェインが入ってるから、そういわれているって事でしょ?ってことは、カフェイン抜きのコーヒーなら大丈夫なの? ん?でも、緑茶にもカフェインは入ってるのに、緑茶は刺激物とは呼ばれていないし、体に悪いイメージも無い...まぁーとりあえずコーヒーを飲むと、飲んだ後の口臭も気になるし、歯の黄ばみも気になるからやめとくか!!」

てな感じで一度はコーヒーを飲むのを辞めていた私ですが、

あれ?気がついたらいつの間にかまた飲み始めていて、今月に入ってからは毎日飲んでいた!! あれ?!

っと思っていたら、先日こんなニュースを読んだ。

1日4〜5杯のコーヒーを飲む人の死亡率が、女性で16%、男性で12%も低下したとアメリカの国立がん研究所が発表したとの事。

この結果は40万人の男女を13年間追跡した調査結果だと言うことです。

1日1杯のコーヒーを飲む人の総死亡リスクは6%低下

1日2〜3杯で10%低下

1日4〜5杯で12%低下

1日6杯以上の人は10%の低下ということです。

たくさん飲めばいいというものでも無いようですね。

前から、コーヒーは健康にいいのか悪いのか良くわからない所があります。

昔はコーヒーを薬として利用していた歴史もある。だが、カフェインが含まれていることから、カフェインにだけ注目され、体に悪いと言うイメージがあるのかも知れません。

コーヒー豆に含まれている成分などは解明されているようですが、コーヒー豆をローストし、粉砕し、それにお湯を注ぎ、出てきた抽出液をコーヒーとして飲むのがコーヒー。

主に抽出されるものは水溶性の成分で、そこには約0.04%程度のカフェインが含まれていることは解っているそうなのですが、その他の成分については未だに解明がほとんど進んでいないと言うことです。

ですが、今回の調査結果で体には悪くはないという事が少なからずわかったのではないでしょうか。

ただし、読んだ記事にも書いてありましたがコーヒーを飲んでいれば大丈夫と勘違いしないでくださいとのことです。

でも、これで安心してコーヒーを毎日飲む事が出来ます。

私は朝の朝食後にアメリカンサイズの得大カップで1杯と昼食後にも得大カップで1杯で1日に合計2杯のむのですが、これでは少し足りないのかなぁ?

でも、朝のコーヒーは一日の活力の源になっているような気がします。

コーヒーを飲まないで仕事に出かけた日は1日エンジンがかかりにくく、仕事がはかどらない気がします。

これから冬にかけて朝のコーヒーで活力をだして、頭フル回転で仕事頑張らなくちゃ!!

トラックバックページトップ