この季節、日本に住んでてよかったぁ〜と思います。

それはとってもきれいに咲く桜があるから!!

アメリカには桜の木がないのでお花見をすることができせん!

と思ったら、なんとワシントンD.Cにたくさん桜が咲いているじゃありませんか!?!?

実は、アメリカに住んでいる頃にもニュースで春頃に良くワシントンD.Cの桜の事が放送されているのを何度か見た事がありますが、ワシントンD.Cに住んだ事がないので、実際には一度も見た事がありません。

何はともあれ、桜はきれいですよね〜

ワシントンDC 桜

ということで、ワシントンD.Cの桜について調べてみました。

ワシントンD.Cのポトマック公園は春になると桜が華やかに咲き乱れます。そこは日本かと思うほどに桜並木が続き、さくら祭りが開催されます。

では、なぜ遠いアメリカまではるばるさくらが届いたかというと...

明治の終わり頃に来日したアメリカ人の学者や作家達の間で、日本のさくらを讃える人が多く、アメリカに住んでいる人たちにもあの美しい桜を見せたいという声が相次いだ。それに賛同した当時の大統領夫人(ヘレン・タフトさん)らが尾崎行雄東京市長へ要望をだし、東京市長がプレゼントした。

そして、当時ワシントンのポトマック川を埋め立てて当たらし区公園を作る計画があったため、そこに日本の桜を植えることとなった。

ということである。

やはり、アメリカ人と日本人、それぞれ文化や考え方は違っても、桜の花を見て「キレイだー」と思うのは同じようですね。

トラックバックページトップ