Happy Living

Happy Living

ベルリンで部屋探し!

ベルリンで部屋探し!

ベルリンでの部屋探しは日本での部屋探しとはちょっと違います。 日本で部屋探しといえば、ネットでめぼしい物件を見つけて、不動産へ問い合わせ、 その後に内見をして、気に入れば大家さんへ入居の確認。 大家さんから了承を得られれば決定となります。 早ければ、内見をして1日で決まることもあります。 ですが、ドイツではまず、不動産会社を通して物件を見つけるのが稀ということです。 家賃が安くて綺麗で人気のエリアにある物件は不動産を通して、ネットに出回ることがないようです。住んでいた人が引っ越す事を友人に話すと、その友人伝いに情報が出回り、そこに住みたいという人が出てきて、すぐに次の住人が決まってしまうということです。 ドイツや他のヨーロッパの国々でもそうなのですが、現在住宅難で賃貸の値段が上がっていたり、いい物件を見つけるのがとても大変のようです。いい物件を見つけるには3ヶ月以上かかるとも言われています。 ドイツでは急激な家賃の高尚を防ぐたの法律があるので、そこまで高くなっていませんが、パリやロンドンなどでは家賃が高く、また物件数も少なく部屋を探すのはとても大変だという話を聞きました。 ですが、僕たちのように日本からベルリンに引っ越してきたような人や、ドイツ人でも他の地域からベルリンに引っ越してきた人にとっては友人がいないため、人伝いで入ってくる引っ越し情報でいい部屋を見つけるのは難しいのです。 どうしても、不動産を通さずにいい物件を見つけたい場合は、とりあえず家具付きの部屋を借りて、そこに住みながら仕事をし、友人を作り、その友人伝いにいい情報が入ってくるのを気長に待つしかないのです。 友達の数にもよりますが、1年〜3年かかるかもしれません。 僕たちはあまり引っ越しをするのが好きではないので、不動産屋を使ってでも、少し条件が良くなくても、長く住める気に入る部屋を探そうと思いネットで探し始めました。 ネットで探すのも、日本のように不動産会社へ問い合わせてもすぐには返信はきません。数日後に返事があるところもあれば、そのまま返事がこないことも。 電話をしても誰も出ない…そんなことの繰り返しです……
Continue Read

ドイツのベルリンへ引っ越しました。

ベルリンへ引っ越してきました。 写真は新しいアパートの一部屋です。 ドイツでのアパート探しは日本に比べてとても大変でした! また、アパート探しについてもゆっくりとブログに書きたいと思っています。 今後は今までのHappy Livingとはスタイルを変えて、ベルリンからドイツの暮らしについてレポートしていきたいと思いますので、みなさんどうぞ宜しくお願い致します。…
Continue Read

イースターエッグ

ハッピー イースター

皆さんこんにちは!! 久しぶりのブログ更新となりました〜 先月の3月31日はイースターでしたね! イースターは秋分の日の後の最初の満月の次の日曜日に祝われるので、毎年日付が変ります。 今年は3月31日でしたが、来年2014年は4月20日です。 日本ではこの時期お花見の話題で持ちきりですが、欧米各国ではこの時期イースター(復活祭)の話題で持ちきりです!! そこで、今日はまだ日本ではなじみのないイースターについて話したいと思います。 数年前から、ディズニーランドでこの時期にイースターのイベントをするようになったことから、イースターという言葉を耳にした事があるという方も多いはずです。 イースターを日本語に訳すと「復活祭」となります。 さて、いったい何が復活したのでしょうか? 答えはキリスト教の神、「イエス様」です。 イエスは十字架刑にかけられ、なくなり埋葬されましたが、三日目に復活し、体を持って神の国(天国)へと召されたといわれています。 そして、その復活をお祝いするのがこのイースターです。 これはキリスト教にとってとても大きな意味を持ちます。と言うのも、人間は肉体をもって天国に行くことは出来ません。神であるイエスのみが成し得た技だというのです。 さて、欧米ではどのようにイースターをお祝いしているのでしょうか? 有名なのが、イースターエッグです。 上の写真が典型的なイースターエッグです。 卵の上下に小さな穴を開け、そこから細い棒を入れ、卵の中身をかき混ぜた後、…
Continue Read

ハイデルベルク

ハイデルベルク城

こんにちは! ドイツ南部にあるハイデルベルクという町を知っていますか? ハイデルベルクと言うと... JR代々木駅で見かける、「ドイツ語学院ハイデルベルク」を思い出してしまうのは私だけでしょうか... ところで、日本人にはあまりなじみのないハイデルベルクですが、ドイツやヨーロッパではトップクラスの観光地です。 毎年、約300万人もの観光客が訪れると言われています。 そんなハイデルベルクの風景画こちら!! 中世の香り漂うとってとてもロマンチックな町並みです。 レンガ造りの橋がとっても印象的で、とってもオシャレです。 町自体もかわいいので散歩をするだけでもウキウキしてしまいますが... ハイデルベルクと言えばやはりハイデルベルク城です。 ケーニヒスシュトゥールという山の北斜面に建てられたハイデルベルクの象徴的建物です。 山の斜面に建っているので、見学に行くときには山を上って行くのですが、結構傾斜がきつかった記憶があります。 ですが、緑が多いのと日本ほど車も沢山走っていない事もありちょっとした運動と森の新鮮な空気で体のリフレッシュになりました。ぜひハイデルベルクへ行ったときは歩いてハイデルベルク城へ行ってみてください!! そして、そのハイデルベルク城はこちら!! じゃじゃ〜〜〜ん! 下から見たハイデルベルク城 近くで見たハイデルベルク城です。 この写真のように今は廃墟と化していて、崩れている場所がたくさんあります。 ハイデルベルク城はいくつかの建物で構成されています。 その中でもいい状態で残っているのがこのフリードリッヒ館です。1607年にフリードリッヒ4世よって建てられて、その後も代々の選帝侯用居住エリアとなっているのがこの建物。 そして、この建物の裏にはテラスがあります。そして、そのテラスには一つの大きな足跡が... この足跡には裏話があります。 ある日、選帝侯妃がこのフリードリッヒ館で若い騎士と浮気中狩に出かけていた選帝侯が予定より早く帰ってきてしまった、慌てたこの若い騎士は靴だけをはいて窓から飛び降りて逃げたと言う。 若い騎士が窓から飛び降りた際についたのがこのかかとのあとだという。 でも、かかとがこんなにめり込んで... ものすごく足がジ―…
Continue Read

ノイシュヴァンシュタイン城

ノイシュヴァンシュタイン城と言っても知らない方が多いのではないでしょうか。 皆さんディズニーランドにあるシンデレラ城はご存知ではないでしょうか。そのシンデレラ城のモデルとなったのがノイシュヴァンシュタイン城です。 ドイツ南部のバイエルン州、フュッセンという町に建っています。 おとぎ話に出てきそうなとてもロマンティックで壮大なお城です。 このお城を建てたのが第4代バイエルン国王のルートヴィヒ2世です。 彼はとても興味深い生涯をおくられた方なので、彼の話はまた別のブログで書きたいと思います。 今回はルートヴィッヒ2世がなぜこの城を建てたのかを説明したいと思います。 ヴェルサイユ宮殿やヴァルトブルク城を見たルートヴィヒ2世は自身の作品として中世のロマンティックな城を作ることにする。 もともとオペラが好きだったルートヴィヒ2世は建築家ではなく宮廷劇場の舞台装置や舞台美術を担当していた画家に城全体のデザインを依頼する。 その為、通常の城にはあるべきチャペルや墓地がこのお城にはありません。 莫大な建築費用は王室費から出され、17年もの歳月をかけ、居住できるまでになりました。居住が可能になってから直ぐにベルク城に軟禁されてしまったため、ルートヴィヒ2世はたったの102日間しかこの城に住むことができませんでした。 その後、王は湖で散歩中になぞの死を遂げ、城の工事は未完成のまま中止されてしまい今に至ります。 その為、城を見学に行くといたるところが未完成となっています。 ルートヴィヒ2世は「私が死んだらこの城を破壊せよ」と言い残していた。それは城を自分の世界にとどめたかったという思いから出た言葉だと言われているが、摂政ルイトポルトも地元の住民らも城を壊さずにそのまま残し、現在は観光施設を兼ねた文化財として活用されています。 トラックバックページトップ…
Continue Read

ドイツ式 暮らしがシンプルになる習慣

皆さんこんにちは!! 最近はもの凄く寒い日が続いていますが、風邪にはくれぐれも沖をつけください。 そして、こんな寒い日はお家の中でぬくぬくと読書!! と言うことで、今日は本をご紹介します。 当店のハッピーリビングは毎日の暮らしを楽しむというコンセプトからつけた名前です。 そして、毎日を楽しく暮らすためにはやはり「コツ」がひつようですね!! そこで、私が見つけた本がこちら!! ドイツ式 暮らしがシンプルになる習慣です。 戦後、日本はドイツを手本としないという雰囲気が続き、あまりドイツの情報を普段の生活で耳にすることは少ないのですが、わたしは日本人とドイツ人は他国に比べ似ているところが多いように感じます。 勤勉でキレイ好きで、まじめでよく働くと言うイメージです。 そのイメージは両国が作る製品にもよく出ていると思います。 日本製の商品がしっかりしているのと同じようにドイツ製の商品もしっかりしています。 そんなことから、わたしはドイツからもっと学べることはあるのではないかと思い、この本を手にしてみました。 キレイ好きなドイツ人の家はいつもきれいに片付けられています。 家具を買うときも、掃除がしやすいかしやすくないかを考えたり、家事や掃除は定期的に決まった所を決まった時に掃除をするようにしていたり... わたしもこの本を読んでみて沢山のことを学びました。 全ての事を自分の生活に取り入れることはできませんが、この本で読んだいくつかのいいアイデアをわたしも実際に取り入れて生活しています。 また、この本と自分のアイデアをあわせて新しいアイデアを得たりもできました。 ぜひオススメの一冊です。 興味のある方はぜひ一度読んでみて下さい! トラックバックページトップ…
Continue Read

クリスマスマーケット (赤レンガ倉庫)

前回のBlog「 クリスマスマーケット (東京ソラマチ)」では東京ソラマチのクリスマスマーケットをご紹介しましたが、今回は横浜にある赤レンガ倉庫で開かれるクリスマスマーケットをご紹介します。 沢山のヒュッテが並んでいます。 グリューワインはもちろん、ドイツのパンやソーセージ、ちょっとした雑貨なども売っています。 ヒュッテ(屋台)はドイツからもってきた本場のヒュッテを使用しているということです。 グリューワインを売っている女性もドイツから来ていました。 本場ドイツのグリューワインを楽しむ事が出来ます。 ドイツではクリスマスにシュトーレンという日持ちすつケーキを食べます。(上写真)その、シュトーレンも買う事が出来ます。 ここからは、雑貨を紹介! ドイツの窓辺でよく見かける星の形をしたライト。 クリスマス時期のドイツの家々の窓には必ずと言っていいほど、このような星型のライトが吊るされます。 とっても柔らかい光でとってもキレイです。 ドイツのクリスマスはにぎやかと言うよりは静かに、しっとりとしたイメージです。 これもドイツ定番のクリスマス雑貨です。 中にお香を入れると口から煙が出てくると言うもの! 木彫りでとってもドイツらしい雑貨です。 他にも木彫りのドイツ雑貨が沢山ありました。 そして、赤レンガ倉庫でもっともオススメなのが、スケートリンクが併設してあることです。 これも、クリスマスの雰囲気を高めてくれます。 そして、クリスマスマーケットの中心には大きなクリスマスツリーも!! 大きくてとってもキレイでした。 ツリーの下には大きなサンタクロースも居て写真を撮っている方が沢山いました。 そして、ヒュッテの上の飾りにも注目! とってもかわいい飾りがたくさんありました。 そのうちの一つです。 東京からだと東京ソラマチよりちょっと遠くなりますが、ソラマチよりも大規模なクリスマスマーケットなので時間に余裕がある方にはオススメです。 ただ、駅から歩く道が非常に寒いです。 付いてしまえば、屋外用のヒーターや、赤レンガ倉庫内の雑貨屋さんなどに入る事が出来るので寒さを心配することは無いのですが.…
Continue Read

クリスマスマーケット (東京ソラマチ)

この時期のヨーロッパの各都市ではクリスマスマーケットが出始めます。 このクリスマスマーケットに行き、ツリーの飾りや、デコレーション等を買う人も多くいます。 また、日本で言うお祭りの出店のようなヒュッテにお食事を出すお店等も並ぶのですが、そのうちの一つに必ずあるグリューワイン(ホットワイン)がとっても美味しいんです。 グリューワインとはドイツのワインで、ドイツでは寒い時期に飲むのですが、ワインに香辛料を加えたものです。他のリキュールを混ぜて飲みやすいものなどいろいろな種類があります。 このグリューワインはクリスマスマーケットの定番になっており、寒い中飲むホットワインは最高です。 わたしは普段お酒は全く飲まないのですが、このグリューワインだけは飲めます。 そして、最近では東京でもこのクリスマスマーケットが開かれるようになりました。 去年は横浜にある赤レンガ倉庫で開かれたクリスマスマーケットに行ってきたのですが、今年はスカイツリーのある、ソラマチでもクリスマスマーケットが行われると聞いたので、そちらに行ってきました。 赤レンガ倉庫のクリスマスマーケットと比べると、少しこじんまりとしていますが、とっても美味しいグリューワインを飲む事が出来ました。 この写真では普通の紙カップに入っていますが、1500円をプラスすればかわいいブーツ型のマグカップで飲む事も出来ます。そして、そのマグカップは記念として持ち帰る事が出来ます。 これをコレクションしている人もドイツなどでは多いと思いますよ。 そして、今回のグリューワインはいろいろな味がありました。 普通のグリューワインやラム酒入り、アマレット入りなど。 わたしはアマレット入りのグリューワインを飲んだのですが、とっても美味しかったです。 飲みやすくて、いつもなら1カップ飲むことはできないのですが、今回は全部飲んでしまいました! ヒュッテや飾りつけなどもとってもかわいくて、クリスマス気分を満喫する事が出来ました。 ヒュッテとヒュッテの間にある暖炉から出てくるサンタを発見!!! ソラマチ4Fにあるクリスマスマーケット会場から見たスカイツリー!! 赤レンガ倉庫で開かれるクリスマスマーケットに比べると小規模ですが、都内にあり、仕事帰りにでもちょこっとよれる便利な場所にあるので、仕事で忙しい方には大変オススメです! 皆さん、…
Continue Read

パリの有名ブランドが格安で買えるセレクトショップ

皆さんこんにちは!! 今日はパリに行く方必見の情報をご紹介いたします。 パリの有名ブランドが格安で買えるセレクトショップをご紹介しちゃいます。 場所はパリの3区にあるショッピングで有名なシャルロー通りであります。 L'Habilleur (ラ ビュー) (add) 44, Rue Poitou 75003, Paris (tel)01-4887-7712 お店の佇まいは一見「ん?」と言う感じで、セレクトショップと言うより、おばちゃん向けのブティック?と言う感じですが、入ってみると驚き!! Paul & JoeやFirma、Lim、Issey MiyakeにRoberto Collinaなどの沢山の有名デザイナー達の服が並んでいます。 それも全て20%〜50%オフ!! メンズも置いているので、カップルで旅行に行ったときでも2人とも楽しめるセレクトショップです。 パリにはあまりセレクトショップがないので、とっても貴重なお店です。 ところで、なぜこんなに安いのか気になりますよね? それは、デザイナーが見本として作った製品化される前のものを直接デザイナーから仕入れているため! なので、市場には出回っていない一点物などもあると言うことです。 ただし、見本として作られたものなので、サイズも1サイズです。 サイズが合うものを見つける事が出来ればぜひ購入したいものです。 でも、そんな商品を買う事が出来るなんてちょっとワクワクしちゃうのは私だけでしょうか? さすが、ファッションの街、…
Continue Read

映画:Before Midnight

5月下旬にアメリカである映画が公開されました。 『Before Midnight』 この映画は1995年に公開された映画「Before Sunrise」邦題:ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(ディスタンス)から始まり、2004年の「Before Sunset」邦題:ビフォア・サンセットに続き、今回のBefor Midnightの三部作になっている映画です。 1995年に公開されたBefore Sunrise Before Sunriseでは2人の出会いのストーリー。 ヨーロッパの長距離列車で偶然であったアメリカ人学生役のイーサン・ホークとフランス人学生役のジュリー・デルピー。 見ず知らずの二人が偶然電車の中で出会い、意気投合し翌朝までウィーンの街を2人で歩き、お互いの事を話しながら、中を深めていく。 そして、なんと言っても若い2人やり取りや恥ずかしくて目線を合わせられないけど、相手を出来るだけ見ていたい...という恋心が演技に上手く出ていて、自分の若い時の気持ちを思い出させてくれます。 そんな二人ですが...お互いの情報は一切交換せず、一年後に同じ場所での再会を約束し、翌朝には別れる。 そして、2004年に公開された「Before Sunset」 Before Sunsetでは2人の再会のストーリー。 前作で約束した日には再会を果たせなかった二人。 かつては学生だった二人も社会人となり、イーサン・…
Continue Read

パリ クリニャンクール蚤の市 (Marche de Clignancourt)

皆さんこんにちは!! 今日はパリの有名な蚤の市、クリニャンクール蚤の市をご紹介します。 <住所>Rue des Rosiers 93400 St Ouen周辺 <開催日と時間>土、日、月曜日の9AM〜6PM頃まで(営業時間はお店によって異なります) <メトロ最寄り駅> 4番線「Porte de Clignancourt」駅 駅から徒歩約10分 あまり早く行くと開いていないお店などもあるので、お昼前後に行くのがちょうどいいようです。 まずはこの蚤の市の説明から!! この蚤の市はいくつかのお店が集まった蚤の市がそれぞれグループとなり点在しています。そのいくつかのお店が固まってお店が連なっているエリアをマルシェと呼んでいます。 なので、クリニャンクール蚤の市には12の地区に分かれて点在しています。ですので、12のマルシェがあります。 その中でも私のオススメを3ヶ所ご紹介します。 まずはこちら マルシェ ヴェルネゾン (Marche Vernaison) このマルシェが一番オススメです。 ザ・蚤の市といたたずまいのお店が勢ぞろい!! ガラクタと言った方がよいのかも知れない、そういった雑貨がたくさん!! 一番古くからある蚤の市で、店舗数も300店舗もあり見ごたえ十分。小さな路地に小さなお店がひしめき合っています。 わたしはこのような古くて何の役に立たなさそうな雑貨の中から自分のセンスで新しい使い方を見出して使うのがとっても好きなので、…
Continue Read

映画アメリのロケ地を行く!

皆さんこんにちは! 今日はフランス雑貨がかわいいフランスのパリ観光をご紹介。 このブログでも「 フランス映画 アメリ」でもご紹介したフランス映画アメリのロケ地をご紹介したいと思います。 これからパリへ旅行をご計画の方はぜひ寄ってみてください!! まず初めは、映画でアメリが働いているかわいいカフェ LE CAFE LES 2 MOULINSをご紹介します。 このカフェ、映画で見ていたより実際の方がかわいらしく見えますよね?! 映画の後でお客さんが増えて少し改装したのでしょうか?ちょっとキレイになっているように思います。 そして、中の写真がこれです↓↓↓ 写真にも写っていますが、日本からの観光客も結構多いようです。 と、ここで、せっかくアメリのカフェにきたのですから、フランス語で飲み物をオーダーしてみましょう! オーダーをするときはこのように言います。 Pardon, un creme, sil vous plait. パルドン アン  クレーム スィル ヴ プレ と言います。 クレームはカフェオレなので、このクレームの個所を頼みたいものに変更してオーダーすれば簡単ですね! 日本語訳:すみません、カフェオレを1つお願いします。 そして、お会計の際はこう言います。 Laddition, sil…
Continue Read

パリ ルーブル美術館

皆さんこんにちは!! 今日はパリに住んでいる友人から教えてもらった、ルーブル美術館観光の裏技をご紹介したいと思います。 パリはとっても人が多い街です。 観光客も多いし、 東京のようにフランスの地方から も人が集まってくるので住んでいる人も多い。 そんな街の観光地へ行くと行列はつき物です。 ルーブル美術館の入り口 では行列ができることでとっても有名! さらに、電車 の遅延や美術館 などの施設のオープン時間が遅れる事もしょっちゅうです。 もし、ルーブル美術館へ行き、開館時間が遅れているようであればルーブル美術館をとりあえず飛ばして、次の観光地を先に巡るようにしましょう。 さて、ルーブル美術館と言えば、上 の写真のようにこの ずらーりと人並んだピラミッドのあるピラミッド中央入り口が有名ですが、実は他にも入り口があります。 このピラミッド中央入り口は いつも込んでいるのですが、他の入り口は比較的 空いている事があるそうです。 オススメの入り口は…
Continue Read

おまけのロンドン観光

皆さんこんにちは!! 今日はヨーロッパ旅行へ行った時に経験したお話をしたいと思います。 行き先はロンドンではなくドイツのフランクフルトだったのですが...トラブル発生でロンドンに2泊することになりました... 数年前、友人を訪ねにドイツへとある航空会社を利用して、ロンドンのヒースロー空港経由でフランクフルトへ行くことになりました。 クリスマスのちょっと前、12月21日だったと思います。 日本を飛び立った飛行機は13時間のフライトを終え、無事にロンドンのヒースロー空港へ着きました。 フランクフルトへ向かう飛行機が出発するまでには3時間ほど時間があったのですが、円からユーロにしか両替をしていなかった私達は、ポンドへの両替が面倒だったので、ロンドンの空港ではカフェにも入らず、何も買わずに空港のロビーにあるベンチに座ってビデオを撮って遊んだり、もう直ぐ着くであろうドイツにウキウキ気分でした。 空港の窓から外を見ると、空はどんより厚い雲と霧のようなものに覆われていて何も見えません。 わたしにとって、これが始めてのイギリス(乗り換えだけですが...)だったので、ロンドンの町並みが遠くでもいいから少しでも見えないかなぁ〜と少し期待していたのですが、全く見えませんでした。 内心...「あーぁ、こんなに近くにロンドンがあるのにいけないなんて...」とちょっと不満にも思っていたのですが... そんなことをしている間に、あっという間に3時間が過ぎ、フランクフルト行きの飛行機への搭乗が始まりました。 ふと窓の外を見ると、雪がちらついていてとてもキレイで、「ロンドンで見る雪はちょっとロマンチック!」なんて思いながら登場を開始! ところが、飛行機が直接ゲートにつけられるものではなく、バスで飛行機まで行き、そこから階段で飛行機に乗るスタイルの搭乗方法で、バスがのらりくらり1台づつしか来ません。 出発時間と同じくらいの時間になった頃にやっとバスに乗れると言う感じでした。 飛行機に乗り、…
Continue Read

感謝祭(Thanksgiving)2012

先週の木曜日(11月の第4木曜日)はアメリカのサンクスギビングでした。 facebookでも友人達のサンクスギビングディーナーの写真等がたくさん更新されていて、それぞれの家族の感謝祭の雰囲気がかいま見えて面白かったのですが、今年は純和風な我が家でもサンクスギビングをやってみました! ちょうど、母と姉の誕生日が11月にあるので2人の誕生日のお祝いもかねて! メニュー *サラダ *マッシュドポテト *インゲンのキャセロール *デビルドエッグ *ローストターキー w/スタッフィング *グレービーソース *クランベリーソース この他にもパイやケーキをデザートに頂きました。 日本に住んでいると家族とすごく時間がとても少なくなってしまっている気がします。 アメリカではサンクスギビング、クリスマスは家族と過ごす日なので、家族とゆっくりと過ごせてとても良かったと思います。 実はお気づきの方も多いと思いますが、サンクスギビングで出される食事とクリスマスで出される食事は違いがほとんどありません。 サンクスギビングで食べたメニューをそのままクリスマスディナーに出しても大丈夫なくらい。 なので、クリスマス前までに、また、レシピ集で今回作ったレシピを紹介したいと思います。 興味のある方はぜひそちらもお楽しみに! トラックバックページトップ…
Continue Read