5月下旬にアメリカである映画が公開されました。

『Before Midnight』

BeforeMidnight

この映画は1995年に公開された映画「Before Sunrise」邦題:ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(ディスタンス)から始まり、2004年の「Before Sunset」邦題:ビフォア・サンセットに続き、今回のBefor Midnightの三部作になっている映画です。

1995年に公開されたBefore Sunrise

Before Sunrise

Before Sunriseでは2人の出会いのストーリー。

ヨーロッパの長距離列車で偶然であったアメリカ人学生役のイーサン・ホークとフランス人学生役のジュリー・デルピー。

見ず知らずの二人が偶然電車の中で出会い、意気投合し翌朝までウィーンの街を2人で歩き、お互いの事を話しながら、中を深めていく。

そして、なんと言っても若い2人やり取りや恥ずかしくて目線を合わせられないけど、相手を出来るだけ見ていたい...という恋心が演技に上手く出ていて、自分の若い時の気持ちを思い出させてくれます。

そんな二人ですが...お互いの情報は一切交換せず、一年後に同じ場所での再会を約束し、翌朝には別れる。

そして、2004年に公開された「Before Sunset」

Before Sunset

Before Sunsetでは2人の再会のストーリー。

前作で約束した日には再会を果たせなかった二人。

かつては学生だった二人も社会人となり、イーサン・ホーク演じるジェシーは二人の出会いの話を本に書き有名に!

そして、その本のプロモーションでパリへ来ていた時、その本を読んでいたジュリー・デルピー演じるセリーヌが訪ねてくる。

ジェシーの飛行機が出発するまでの短い間、2人はまた、パリの町を歩きながら話し出す。

この2作品、出演者は殆どがこの2人。

そして、この2人の会話が永遠に続いていく。

今までの人生や人生観、小さいときの思い出、今の人生や不満...

そんな中、ジェシーは結婚をして子供もいる事がわかり、セリーヌにもの付き合っている男性がいる事も明らかに...

ドキュメンタリー映画を見ているような感覚になってしまうくらい自然な演技。

それでも、決して飽きさせられない。見ているとすーーっと二人の会話に引き込まれていく...それが、この映画の魅力...

そして、やっと再会を果たした二人は...

ジェシーは帰国の飛行機に乗るのか乗らないのか...

はっきりとは解らないまま映画は終わるのですが...

飛行機には乗らないような雰囲気でこの映画は終わっています。

今回の映画、Before Midnight。

今回のストーリーは2人が結婚して数年経っている設定のようです。

結婚した2人はどのような会話をして、何をどのように感じ、どのように過ごしているのかとっても楽しみです。

2人の俳優もこの映画と共に歳を取り、役と同様に人生の変化を感じているのではないでしょうか。だからこそ、この自然な演技ができるのではないでしょうか。

Before Sunrise、Before Sunsetをまだ見ていない人は面白いのでぜひ見てください。そして、Before Midnightが日本でも公開された時にはぜひ2人の結婚生活をのぞいてみてはいかがでしょう。

トラックバックページトップ