ベルリンに来て2度目の夏ですが初めてビアガーデンへ行ってきました。


もともと僕はお酒が弱く、日本にいる頃はビールも2、3口飲んだだけで顔が真っ赤になってしまうほどでした。
ドイツではビールをレモネードやスプライトで割ったラードラー(Radler)という飲み物があります。このラードラーは甘い飲み物で割ってあるので苦さが少なく飲みやすいのとアルコール度数も低いので、僕は去年の夏から少しづつ飲み始め今年はこのラードラーであればジョッキ1杯を飲み干せるほどになりました。
ということで、今年は本場ドイツのビアガーデンに行ってみることにしたのです。

どうせ行くなら、ドイツ人が大好きな森の中で爽やかな風を感じながら飲みたいと思い、ベルリンのど真中にあるティアガーデン(Tiergarten) と呼ばれる壮大な公園の中にあるビアガーデンに行くことにしました。
このティアガーデンはもともと王家の狩猟場だったところで、総面積は210ヘクタールもあります。
ロンドンのハイド・パーク(125ヘクタール)よりは少し大きく、ニューヨークのセントラルパーク(335ヘクタール)よりは少し小さいめという感じでしょうか?
上の表現はちょっと日本人にはわかりにくので、もっとわかりやすく言うと、東京ドーム約44個分の広さがあります。

この公園の南西にはベルリン動物園(Zoologischer Garten Berlin)があり、東側にはあの有名なブランデンブルク門(Brandenburger Tor)もあります。

画像出典:Cafe am Neuen See


ビアガーデンのすぐ脇には湖があり、そこでボートを借りて乗ることもできます。
また、敷地も広いのでテーブルも多くゆったりと座ることができるのも嬉しいです。

この時期のベルリンは夜の10時半頃まで薄明るいので夕食後にも友人とゆっくりくつろぎながらビールを楽しむことができます。



そして日が暮れるになるとキャンドルとライトが点きとてもロマンティクでまさに夏の夜を楽しむことができるのです。

この日はちょうどサッカーの試合があったため大画面でサッカーの試合をみんなで見ました。

Cafe am neuen See
住所:Lichtensteinallee 2
10787 Berlin
電話: +49 (0)30 2544930
営業時間:
レストラン営業時間
毎日9時からオープン
ビアガーデン
月曜〜金曜 11時〜 土曜、日曜 10時〜

画像出典:Cafe am Neuen See