旅先での便利な移動手段として電車やバスなどの公共交通機関が挙げられますが、初めて行く町の交通機関をうまく利用するのは容易いことではありません。
そのため、多くの旅行者は住所を伝えるだけでその建物の入り口まで連れて行ってくれるタクシーを使いがちです。ですが、電車などの交通機関を使うことでその土地に住む人々の暮らしを見ることもできますし、人々と触れ合うこともできるのです。
ベルリンには電車や地下鉄、トラム、バスなどがあり、これらを使えばどこへでもいけます。 ベルリンに来た時はぜひこれらの交通機関を使っていただきたいと思います。
そこで、日本とは少し違う、ベルリンの電車の乗り方をご紹介します。


電車の種類

ベルリンには5種類の交通機関があります。

  • S-Bahn
    S-Bahn(エス・バーン)は日本で言う普通の電車です。主に地上を走っています。

  • U-Bahn
    U-Bahn(ウー・バーン)は地下鉄です。たまに地上を走っている事もありますが、主に地下を走っています。

  • Tram
    Tram(トラム)はドイツ東西統一前に東ベルリンであった地域に走っている路面電車です。
    元東ベルリンであった地域は現在おしゃれな町になっており、とても人気のエリアでおしゃれなカフェや雑貨屋さんなどもたくさんあります。

  • Bus
    Bus(バス)はルートによりアルファベットと数字で分けられているのでわかりやすく、多くのバスが10分毎に走っているのでとても便利です。

  • Regional Bahn
    Regional Bahn (レギオナル・バーン)は都市間をつなぐ長距離電車です。ベルリン市内にいる間は使うことはない電車です。


ドイツの駅には改札がない?!

ドイツの駅には改札がありません。
なので、もちろんベルリンの駅にも改札はありません。
無賃乗車をしようと思えば、簡単にできてしまいますが、見つかると60ユーロ(約¥7,300)の罰金を支払わなければなりません。 そして、チケットの確認を抜き打ちでするコントローラーと呼ばれる仕事の人たちはとても高い頻度でやってきます。
ベルリンに住んでいる人はそれを知っているので、必ずチケットを買います。
たった数ユーロをケチったがために、60ユーロも払うのはとても馬鹿げたことだと多くの人が思っているようです。


チケットの買い方

チケットは駅にある下の写真のような自動販売機で買うことができます。
(写真はS-Bahnの切符販売機です。U-Bahn にある自販機は少し見た目が違います。)

多くの自販機はコインのみ投入可能であったり、ECカルテと呼ばれる、ドイツの銀行カードしか使えるません。運がいいと、5ユーロ札と10ユーロ札が入るものもありますが、ほとんどの場合がコインのみが使える場合がほとんどです。旅行者にとってはとても不親切な自販機ですが、諦めてはいけません。近くに小さいキオスクのようなお店があれば、そこでチケットが買えることが多いので聞いてみてください。
また、すでに何日間がベルリンに滞在予定であれば1日パスや3日パスなどを買うとお得ですので、そのようなチケットを買っておく方がチケットを毎回買う手間が省けるのでとても楽です。
1日に3回以上電車に乗る予定があるのであれば、1日パスの方がお得です。

バスの場合はバスの運転手、トラムの場合はトラムの中に自販機がありますので、そこで購入可能ですがコインのみ投入可能な場合がほとんどなので注意が必要です。 また、乗り換えの場合は新しくチケットを購入する必要はないので、電車から電車、電車からトラム、電車からバスに乗り換えた場合でも同じチケットを使うことができます。乗り換えがバスの場合はチケットを運転手に見せれば大丈夫です。


ホッとするのはまだ早い、チケットを買ったらスタンプも忘れずに!!!

チケットを買った後に必ずしなくてはならないことがあります。
それはチケットに日付スタンプを押すことです。

これを忘れてしまうと、チケットを持っていてもチケットは無効となり、コントローラーに見つかった時に罰金を払う羽目になってしまいますので必ずスタンプを押してください。 1日パスや3日パスの場合も、日付スタンプの押された日から数えて1日−3日有効なパスになるのでご注意ください。
また、1日パスはスタンプをした日の夜中の3時(27時)まで有効です。

スタンプは駅にある下のような機械にチケットを差し入れると自動で「ガチン」と音がして、スタンプが押されるようになっています。


ベルリンの電車も旅の思い出に…

ベルリンはとても国際色豊かな町です。
ドイツ語が話せなくても、英語が少し話せれば大丈夫!分からないことがあれば、周りにいる人に英語で聞いてみてください。現地の人とのコミュニケーションで旅はとても面白いものになると思います。
ドイツ人、特に北ドイツの人は冷たいとよく言われますが、ベルリンの人は意外とフレンドリーです。ただ、あまり話すきっかけがつかめないだけなのです。 こちらから話しかければ親切に教えてくれます。 現地の人とのふれあいも旅のいい思い出になるのではないでしょうか。