初めてのドイツの夏!

ベルリンは冬と夏では景色が全く違います。

この写真は同じ場所の違う季節の写真です。 左が最近撮った夏の写真。 右が冬に撮った写真。 どうですか?全然違うでしょ?

夏は緑も多く、空も青空でとっても綺麗なんですが、 冬は全てが真逆で、空は灰色に曇り、木に葉は無く とても寂しいのがドイツの冬です。

日本の冬と違いドイツの冬は本当に気が滅入るほど 曇りと雨が続きます… もう一度言いますが、本当に気が滅入ります!! そして、寒い!

なので、春が来るとみんな一斉いに外へ出ます! 建物の修繕をあちらこちらでやり出し、 日が長くなり、長い時では夜10時頃まで日が出ているので、 できる限り外で過ごします。

なのですが、夏でも暑く感じる日はそう多くありません。 7月始めに一度2、3日暑い日が続きましたが、 その後、約1、2週間は寒さがもどり長袖を着て過ごしていました。 そして、8月に入り、ここ1週間はまた暑い日が続きました。

夏でも、本当に暑いと感じる日があまりないため、 ドイツ人は暑い日にはみんな外へ出て暑さを楽しむようです。 湖に行って湖水浴をしたり、ビアガーデンに行って、ここぞとばかりに ビールを沢山飲んだり!!

そして、夏でも暑い日が少ないベルリンでは電車にもクーラーは付いていなく、 ほとんど家やカフェ、レストランでもクーラーが付いていないので、 暑さから逃げられる場所がありません。

暑い日が少ないベルリンですが、暑い日には37度にもなり、 暑さが苦手な僕にはそれが一番辛いです。

ただ、本当に一夏で合計しても1週間から2週間しか暑い日がないので、 それだけのためにクーラーを買うのも馬鹿らしく、ひたすら耐えるしかないのです! そして、今がその耐えどきです!(2015年8月14日金曜日)

今日の夜からまた雨が降り、気温が下がり過ごしやすくなるようです。 今から気温が下がるのが待ち遠しいです!