Happy Living Abroad

ベルリンに海外移住

Tag: アパート選び

部屋探し〜その2 家賃とその他コスト

部屋探しで最も重要な家賃とその他のコスト。 日本では、敷金に礼金などがありますが、ドイツではどのようなものがあるのか紹介していきたいとおもいます。 また、インターネットや電話、テレビ、そして、電気代や水道代、ガス代について、知っている範囲でご紹介したいと思います。 部屋を借りるのにかかるお金です。 Kaltmiete -毎月の家賃 Nebenkosten -追加費用 Heizkosten - 暖房費 Gesamtmiete -総賃貸費 Kaution - 保証金 Provision - 仲介手数料 Nebenkosten - 追加費用 そのアパートによって違いますが、電気代やガス代、水道代、ゴミ取集費、共有部分の電気代や掃除代などです。日本で言う、管理費のようなものです。電気代、ガス代、は含まれていないことも有るので、どこまで含まれているのか確認する必要があります。もし、電気代、ガス代が含まれていない場合は個人的にそれぞれの会社と契約が必要になります。 Heizkosten - 暖房費 ドイツでは冬が長く寒いのでほとんどのアパートでセントラルヒーティングが付いています。その為、暖房費として家賃とは別に請求されます。…
Continue Read
ベルリンで部屋探し!

ベルリンで部屋探し!

ベルリンでの部屋探しは日本での部屋探しとはちょっと違います。 日本で部屋探しといえば、ネットでめぼしい物件を見つけて、不動産へ問い合わせ、 その後に内見をして、気に入れば大家さんへ入居の確認。 大家さんから了承を得られれば決定となります。 早ければ、内見をして1日で決まることもあります。 ですが、ドイツではまず、不動産会社を通して物件を見つけるのが稀ということです。 家賃が安くて綺麗で人気のエリアにある物件は不動産を通して、ネットに出回ることがないようです。住んでいた人が引っ越す事を友人に話すと、その友人伝いに情報が出回り、そこに住みたいという人が出てきて、すぐに次の住人が決まってしまうということです。 ドイツや他のヨーロッパの国々でもそうなのですが、現在住宅難で賃貸の値段が上がっていたり、いい物件を見つけるのがとても大変のようです。いい物件を見つけるには3ヶ月以上かかるとも言われています。 ドイツでは急激な家賃の高尚を防ぐたの法律があるので、そこまで高くなっていませんが、パリやロンドンなどでは家賃が高く、また物件数も少なく部屋を探すのはとても大変だという話を聞きました。 ですが、僕たちのように日本からベルリンに引っ越してきたような人や、ドイツ人でも他の地域からベルリンに引っ越してきた人にとっては友人がいないため、人伝いで入ってくる引っ越し情報でいい部屋を見つけるのは難しいのです。 どうしても、不動産を通さずにいい物件を見つけたい場合は、とりあえず家具付きの部屋を借りて、そこに住みながら仕事をし、友人を作り、その友人伝いにいい情報が入ってくるのを気長に待つしかないのです。 友達の数にもよりますが、1年〜3年かかるかもしれません。 僕たちはあまり引っ越しをするのが好きではないので、不動産屋を使ってでも、少し条件が良くなくても、長く住める気に入る部屋を探そうと思いネットで探し始めました。 ネットで探すのも、日本のように不動産会社へ問い合わせてもすぐには返信はきません。数日後に返事があるところもあれば、そのまま返事がこないことも。 電話をしても誰も出ない…そんなことの繰り返しです……
Continue Read

ドイツのベルリンへ引っ越しました。

ベルリンへ引っ越してきました。 写真は新しいアパートの一部屋です。 ドイツでのアパート探しは日本に比べてとても大変でした! また、アパート探しについてもゆっくりとブログに書きたいと思っています。 今後は今までのHappy Livingとはスタイルを変えて、ベルリンからドイツの暮らしについてレポートしていきたいと思いますので、みなさんどうぞ宜しくお願い致します。…
Continue Read