Happy Living Abroad

ベルリンに海外移住

Tag: ベルリン観光

意外とオススメ、ベルリンのエンターテイメント

意外とオススメ、ベルリンのエンターテイメント

本場アメリカのエンターテイメント 僕は今までエンターテーメントといえばアメリカが一番だと思っていました。 高校の頃は学校のクワイヤーと呼ばれる聖歌隊に入っていたのですが、そこでもアメリカ人の優れたエンターテイメント性に驚かされることが度々ありました。 練習は真面目にやらないのになぜか本番では必ず練習以上のパフォーマンスを発揮してオーディエンスを魅了することができるのは何か生まれ持ったセンスとしか言いようがないように感じています。 練習をしなくてもここまでできてしまうのなら、練習をしている人、そしてそんな中でも才能のあると言われるミュージカル俳優や歌手などのパフォーマンスはやはり目を見張るものがあります。 それはどこか日本人には真似のできない、アメリカ人だからこそ生まれ持った表現力なのです。 ドイツで初めてのミュージカル 今回初めてベルリンでミュージカルを見に行きました。 それも、ブロードウェイからやってきたミュージカルではなく、ヨーロッパ人キャストのドイツ語ミュージカルだと聞き、正直なところ自分でも初めて見るドイツ語のミュージカルがどれほどのものなのか、楽しめるのかとても不安でした。 ミュージカルのタイトルはTanz der Vampire(ダンス・オブ・ヴァンパイア)、初めて聞くミュージカルのタイトルだったため、ますます不安になったのです。 ところが、ミュージカルが始まるとその迫力に魅了されてしまいました。 ものすごい声量と迫力のある声、キャスト全員での合唱はものすごい迫力でした。そして、次々に場面が変わっていく演出は今まで見てきたミュージカルにはないものでした。それはまるで映画を見ているのかと思うほどでした。ヴァンパイアことクロロック伯爵の瞬間移動があったり、出演者が客席を駆け抜けたり、今までに見てきたどのミュージカルよりもダントツで一番に見ごたえのあるものでした。 Tanz der Vampireとは ドイツ語の題名はTanz der Vampire(タンツ デア ヴァンピーレ)ですが、英語ではDance of the Vampiresとなり、日本語では英題をそのまま使いダンス・…
Continue Read
ベルリンのおすすめカフェ、House of Small Wonder!

ベルリンのおすすめカフェ、House of Small Wonder!

趣味の一つであるカフェ巡りですが、ベルリンに来てからはおしゃれなカフェがたくさん有り過ぎてどこから紹介すればいいかわからないくらいです。 記念すべき第一回目はこちらのカフェをご紹介することにしました。 House of Small Wonder 上の写真は一階にあるエントランス部分です。 このレトロなインテリアとらせん階段が上にどのような空間が広がるのか、ワクワクさせてくれます。 実はこのカフェ、2010年にモトコ・ワタナベさんとシャウル・マルグリース(Shaul Margulies)さん夫妻がアメリカ、ニューヨークのブルックリンにあるウィリアムズバーグで始めたカフェです。 ニューヨーク、ブルックリン生まれの"House of Small Wonder"がベルリンにやってきてたのは、2014年12月。ちょうど僕たちがベルリンに越してきた時期と同じです。 このカフェのメニューはブランチ、Breakfast(朝食)、ランチがメインなので、営業時間は9時から17時と早めの時間帯です。 ベルリンでは朝食やランチをメインにしたカフェが多くありますが、そのようなカフェの多くが早めにお店を閉めてしまいます。 僕が伺ったのは日曜日のお昼14時頃でした。 遅めのお昼を食べる人々でお店はほぼ満席状態でした。 客層はベルリンに住んでいる方よりかは、ベルリンに観光に来ている方々が多いように思いました。 場所的にも観光客の多い場所であることと、値段設定も通常のローカルなカフェよりも少しお高めな為、お金にシビアなベルリーナはなかなか足を運ぶ機会がないのかもしれません。 僕はクロワッサンのフレンチトーストと飲み物をオーダー。 クロワッサンのフレンチトーストは初めてお目にかかかったのでワクワクしながらいただきました!!とっても美味しかったです。そして脇にはフルーツサラダがついて、とってもヘルシーな朝食プレートです。…
Continue Read
ベルリンでの電車の乗り方

ベルリンでの電車の乗り方

旅先での便利な移動手段として電車やバスなどの公共交通機関が挙げられますが、初めて行く町の交通機関をうまく利用するのは容易いことではありません。 そのため、多くの旅行者は住所を伝えるだけでその建物の入り口まで連れて行ってくれるタクシーを使いがちです。ですが、電車などの交通機関を使うことでその土地に住む人々の暮らしを見ることもできますし、人々と触れ合うこともできるのです。 ベルリンには電車や地下鉄、トラム、バスなどがあり、これらを使えばどこへでもいけます。 ベルリンに来た時はぜひこれらの交通機関を使っていただきたいと思います。 そこで、日本とは少し違う、ベルリンの電車の乗り方をご紹介します。 電車の種類 ベルリンには5種類の交通機関があります。 S-Bahn S-Bahn(エス・バーン)は日本で言う普通の電車です。主に地上を走っています。 U-Bahn U-Bahn(ウー・バーン)は地下鉄です。たまに地上を走っている事もありますが、主に地下を走っています。 Tram Tram(トラム)はドイツ東西統一前に東ベルリンであった地域に走っている路面電車です。 元東ベルリンであった地域は現在おしゃれな町になっており、とても人気のエリアでおしゃれなカフェや雑貨屋さんなどもたくさんあります。 Bus Bus(バス)はルートによりアルファベットと数字で分けられているのでわかりやすく、多くのバスが10分毎に走っているのでとても便利です。 Regional Bahn Regional Bahn (レギオナル・バーン)は都市間をつなぐ長距離電車です。…
Continue Read