Happy Living Abroad

ベルリンに海外移住

Tag: ベルリン

Karnival in Berlin

Karnival in Berlin

世界のカーニバルとは 日本ではあまり馴染みのないドイツのKarneval(カーニバル)ですが、カトリック文化圏でよく行われているお祭りです。ブラジル、リオのカーニバルやイタリア、ヴェネツィアのカーニバルなどは誰もが一度は聞いたことがあると思いますが、これらもお祭りの規模や世界の注目度は違いますがベルリンのカーニバルと同じものなのです。 もともとは宗教的な背景のあるカーニバルですが、時代とともに宗教的な意味を失い、現在では日本の盆踊りやねぶた祭りのように単なる年中行事や観光行事と楽しいお祭りイベントとして多くの人が楽しんでいるようです。 移民の多いベルリンらしい国際色豊かなカーニバル ベルリンはドイツではないと言われれるほど人種のるつぼなのです。それはアメリカのニューヨークを思わせる程だと僕は思います。そんなベルリンで行われるカーニバルは他では見られないほど国際色豊かなパレードなのです。 ベルリンには色々な国の人が住んでいます。そして、5月15日に行われたカーニバルではそんな彼らの出身国特有の文化を独自にパレードで表現をするのです。あまり知らなかった国やこの国は知っているという国でもパレードを見て新しい発見があったりもします。 また、どの国のパレードもその国の出身者のみにならず、ドイツ人やその他の国の人も参加しており、国を超えて一つのお祭りを一緒に作り、楽しんでいる一体感がとても心地よく人々の暖かさを感じられるお祭りです。 日本からもお神輿(おみこし)が参加しました。 日本からはお神輿(おみこし)を担いで参加をしました。 Facebookなどで参加者を集い、日本のお祭りをベルリンの人にも見てもらおうとベルリン在住の多くの日本人や日本に興味のある方々が集まりました。 お神輿を担いでの参加は今年が初めてのようですが、パレードに毎年参加しているのか参加自体が今年が初めてだったのかは僕もベルリンのカーニバルを見るのが今年が初めてなのでよくわかりませんが、日本人としてもとても見ごたえのある素晴らしいお神輿でした。 ぜひ来年も続けていただきたいです。 ベルリンのカーニバルを見て思ったこと 国際色豊かなベルリンのカーニバルですが、今回間近でこのお祭りを見てベルリンには世界各国から色々な人種が集まり、暮らしているのだと実感することができました。 それぞれの文化を体験することで、また他の文化への理解が深まったような気がしました。 それぞれの国出身の人たちが、それぞれの表現方法で、それぞれの国の文化を表現する。このようなお祭りは世界でもあまり見ることができないのではないかと思います。 そして、何よりその国出身者のみではなく、…
Continue Read
May Day in Berlin!!

May Day in Berlin!!

5月1日はメーデー(May Day)と呼ばれる、労働者の日(Labour Day)です。 ベルリンでは毎年、左翼・極左翼にる大きなデモ活動が行われる。 数年前まではベルリンのKreuzberg(クロイツベルク)で行われるこのデモはとても過激で危険なものでした。この日に外を歩くのはとても危険でした。多くの人が外出を控える、そんな日だったのです。 近くにある商店のウィンドーなどは割られ、ものが盗まれたり、負傷者も多数出ることで有名でした。 事実、今年も日本大使館は警告メールを配信し、5月1日にはクロイツベルクには近づかないように注意を促しています。 ですが、そのデモ活動も最近では落ち着き、過激なデモ行為も見られることが少なくなったと言います。 デモとは対照的な”My Fest” すぐ近くではデモとは対照的な”My Fest”と呼ばれるストリートフェアが行われます。 これは平和的な音楽イベントですが、政治的なイベントでもあり、多くの政党がブースを出したりもしています。 一部ではデモのイメージが強いMay Dayを変えようとして、 このようなイベントを同じ日に行うようになったのではと言われています。 ストリートフェアであるため、アパートが立ち並ぶ街中に仮設ステージが建てられ、そこで多くのミュージシャンが入れ替わり立ち替わり演奏します。 人が多く住む街中で、こんなに大きなスピーカで大音量で演奏して誰も文句を言う人がいないのか気になりましたが、 近隣住人もこの日だけは道端にお店を出して手作りのケーキやお菓子、料理を販売することができるようになっています。近所に住む子供達がお母さんと作ったケーキを売っていたり、ご夫婦が自分たちの郷土料理を提供していたり、訪れる人だけでなく、近隣住民も違う面で楽しめる工夫がされています。…
Continue Read
ドイツの夏

ドイツの夏

初めてのドイツの夏! ベルリンは冬と夏では景色が全く違います。 この写真は同じ場所の違う季節の写真です。 左が最近撮った夏の写真。 右が冬に撮った写真。 どうですか?全然違うでしょ? 夏は緑も多く、空も青空でとっても綺麗なんですが、 冬は全てが真逆で、空は灰色に曇り、木に葉は無く とても寂しいのがドイツの冬です。 日本の冬と違いドイツの冬は本当に気が滅入るほど 曇りと雨が続きます… もう一度言いますが、本当に気が滅入ります!! そして、寒い! なので、春が来るとみんな一斉いに外へ出ます! 建物の修繕をあちらこちらでやり出し、 日が長くなり、長い時では夜10時頃まで日が出ているので、 できる限り外で過ごします。 なのですが、夏でも暑く感じる日はそう多くありません。 7月始めに一度2、3日暑い日が続きましたが、 その後、約1、2週間は寒さがもどり長袖を着て過ごしていました。 そして、8月に入り、ここ1週間はまた暑い日が続きました。 夏でも、本当に暑いと感じる日があまりないため、 ドイツ人は暑い日にはみんな外へ出て暑さを楽しむようです。 湖に行って湖水浴をしたり、ビアガーデンに行って、ここぞとばかりに ビールを沢山飲んだり!! そして、夏でも暑い日が少ないベルリンでは電車にもクーラーは付いていなく、 ほとんど家やカフェ、レストランでもクーラーが付いていないので、 暑さから逃げられる場所がありません。 暑い日が少ないベルリンですが、…
Continue Read
自転車専用レーン

自転車専用レーン

ドイツの道路には自転車専用レーンがあります。 ドイツ人は自転車が大好きです。 そのためたくさんの人が自転車を持っていて、毎日に乗っています。 また、日本のように交通費を会社が出すと言う制度がないため、 通勤距離が自転車で行ける範囲であればみんな自転車で通勤をしているようです。 そして、ゆっくり走っている人もいるのですが、通勤で自転車を使っている人達は 結構飛ばします。 特に夏などは観光客も多く、この自転車専用レーンを知らないのか 堂々と自転車専用レーンで立ち止っている観光客をよく見ます! とっても危ないです!! 特に観光バスの乗降りの際に良くみかけます。 この自転車専用レーンは自動車レーンの隣にある路上駐車のスペースの また外側にあります。そして、一番外側に歩道があります。 一度、車を路上駐車スペースに停め、歩道に向かって歩き出した人が自転車レーンを 走ってきた自転車と勢い良くぶつかって救急車で運ばれるのを目の前で目撃してしまいました。 そして、僕もベルリンへ引っ越してきたばかりの頃は、道を横断する際、 車には気を付けて渡るのですが、つい自転車を見逃してしまうことが多く、 ぶつかったことはないものの、何度か危ない目にあいました。 自転車に乗っている人は危険を察すると、大声で危険を知らせてくれる人が多いですが、意外と歩行者は自分に向けて発せられていると感じないため、気づかないことも多いのです。 僕は毎回運良く、その声に気付いたので今のところ衝突はせずにすんでいます。 でも、普段から道を歩く時はとても気をつけるようにしています。 皆さんも、ドイツに来ることがあれば、道路の自転車レーンには気をつけて下さい。 そして、絶対に自転車レーンを歩かないように!! 道を渡る時は車と自転者の両方に注意を払うようにしてくださいね!! せっかくの旅行中に怪我をしてしまっては、楽しい旅行が台無しになってしまいますから!…
Continue Read
ドイツの電車

ドイツの電車

ドイツの電車のドアにはボタンが付いています。 冬が寒いせいなのか、ドアに付いている緑のボタンを押さない限り、電車が駅で止まってもドアが開きません。 日本特に東京から来た人にとっては電車がホームに付いてもドアがあかないので、一瞬「あれ?何かあった?」と思ってしまいます。 僕もボタンを押さないとドアが開かないことは知っていたのですが、それでも、日本に住んでいた頃の癖で、どうしても油断するとボタンを押さずにドアが開くのを待ってしまう事があります。 そして、最初の頃はどのタイミングでボタンを押せばいいのかとても戸惑いました。 押すタイミングは電車がホームについて止まる直前に ボタンの周りが下の写真のように光ります。 ボタンが光ったらそのボタンを押してください。 そうすると、まだ電車は少し動いているんですが、 ドアが開きます。電車からホームに降りる第一歩はまだ電車がゆっくりと動いている状態ですが、住み慣れたベルリーナはみんなそんな感じで電車を降ります。 ベルリンに来た時には是非、こんな感じで、ベルリンに長い事住んでます感を出しつつ、スマートに電車を降りてみてください。 これは電車に乗る時も一緒なので、乗る時も外側に付いているボタンを押さないとドアは開きません!! ※稀にドアが壊れていて、ボタンを押しても開かない場合があります。その場合は他のドアを使用するようにしてください。…
Continue Read

部屋探し〜その2 家賃とその他コスト

部屋探しで最も重要な家賃とその他のコスト。 日本では、敷金に礼金などがありますが、ドイツではどのようなものがあるのか紹介していきたいとおもいます。 また、インターネットや電話、テレビ、そして、電気代や水道代、ガス代について、知っている範囲でご紹介したいと思います。 部屋を借りるのにかかるお金です。 Kaltmiete -毎月の家賃 Nebenkosten -追加費用 Heizkosten - 暖房費 Gesamtmiete -総賃貸費 Kaution - 保証金 Provision - 仲介手数料 Nebenkosten - 追加費用 そのアパートによって違いますが、電気代やガス代、水道代、ゴミ取集費、共有部分の電気代や掃除代などです。日本で言う、管理費のようなものです。電気代、ガス代、は含まれていないことも有るので、どこまで含まれているのか確認する必要があります。もし、電気代、ガス代が含まれていない場合は個人的にそれぞれの会社と契約が必要になります。 Heizkosten - 暖房費 ドイツでは冬が長く寒いのでほとんどのアパートでセントラルヒーティングが付いています。その為、暖房費として家賃とは別に請求されます。…
Continue Read
ベルリンで部屋探し!

ベルリンで部屋探し!

ベルリンでの部屋探しは日本での部屋探しとはちょっと違います。 日本で部屋探しといえば、ネットでめぼしい物件を見つけて、不動産へ問い合わせ、 その後に内見をして、気に入れば大家さんへ入居の確認。 大家さんから了承を得られれば決定となります。 早ければ、内見をして1日で決まることもあります。 ですが、ドイツではまず、不動産会社を通して物件を見つけるのが稀ということです。 家賃が安くて綺麗で人気のエリアにある物件は不動産を通して、ネットに出回ることがないようです。住んでいた人が引っ越す事を友人に話すと、その友人伝いに情報が出回り、そこに住みたいという人が出てきて、すぐに次の住人が決まってしまうということです。 ドイツや他のヨーロッパの国々でもそうなのですが、現在住宅難で賃貸の値段が上がっていたり、いい物件を見つけるのがとても大変のようです。いい物件を見つけるには3ヶ月以上かかるとも言われています。 ドイツでは急激な家賃の高尚を防ぐたの法律があるので、そこまで高くなっていませんが、パリやロンドンなどでは家賃が高く、また物件数も少なく部屋を探すのはとても大変だという話を聞きました。 ですが、僕たちのように日本からベルリンに引っ越してきたような人や、ドイツ人でも他の地域からベルリンに引っ越してきた人にとっては友人がいないため、人伝いで入ってくる引っ越し情報でいい部屋を見つけるのは難しいのです。 どうしても、不動産を通さずにいい物件を見つけたい場合は、とりあえず家具付きの部屋を借りて、そこに住みながら仕事をし、友人を作り、その友人伝いにいい情報が入ってくるのを気長に待つしかないのです。 友達の数にもよりますが、1年〜3年かかるかもしれません。 僕たちはあまり引っ越しをするのが好きではないので、不動産屋を使ってでも、少し条件が良くなくても、長く住める気に入る部屋を探そうと思いネットで探し始めました。 ネットで探すのも、日本のように不動産会社へ問い合わせてもすぐには返信はきません。数日後に返事があるところもあれば、そのまま返事がこないことも。 電話をしても誰も出ない…そんなことの繰り返しです……
Continue Read

ドイツのベルリンへ引っ越しました。

ベルリンへ引っ越してきました。 写真は新しいアパートの一部屋です。 ドイツでのアパート探しは日本に比べてとても大変でした! また、アパート探しについてもゆっくりとブログに書きたいと思っています。 今後は今までのHappy Livingとはスタイルを変えて、ベルリンからドイツの暮らしについてレポートしていきたいと思いますので、みなさんどうぞ宜しくお願い致します。…
Continue Read